銀行カードローン 総量規制は大丈夫?

銀行カードローンと総量規制の関係についてご説明します。

 

総量規制とは?

画像総量規制とは、貸金業法という法律で規定されているものです。

 

貸金業法は、何回か改正されていますが、2010年6月に施行された「過剰貸付規制の強化」という項目が、いわゆる総量規制に相当します。

 

総量規制とは、個人で借りているカードローンなどの債務を年収の1/3以内に制限するというものです。

 

例えば、年収300万円の人は100万円、年収900万の人は300万円が年収の1/3に相当しますので、その金額を超えるような新たな借入をすることができません。

 

カードローンなどは、比較的借りやすいという側面がありますので、気軽に借りて多重債務に陥る人も少なくありません。総量規制では、多重債務に陥る危険性を減らすことが主目的となっています。

 

個人のローンの状況は、信用情報機関などに集められていますので、他社の借り入れを含めて、総量規制が行われます。

 

 

銀行カードローンは総量規制の対象になるの?

総量規制は貸金業法で規定されていますので、貸金業法の及ばないカードローンには関係ありません。

 

具体的には、消費者金融系の会社は貸金業法に従いますが、銀行は銀行法に従いますので、貸金業法による規制は受けません。

 

従って、銀行カードローンは総量規制には関係なく、年収の1/3を超える借り入れも行うことができます。

 

ただし、いくら総量規制に関係ないからといって、銀行カードローンで無制限に借りることができるわけではありません。

 

他社からの多くの借り入れがある場合、銀行のカードローン審査で不合格になる場合も十分考えられます。

 

おすすめ銀行ランキング

銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】
銀行カードローン総量規制って何?解説!【総量規制の対象になるの?】